かつどうきろく帳

てさぐりなブログ。

ついに健康診断の予約をする!

 健康診断の予約をした。周りがあんまりうるさくすすめるので、気乗りはしないけど受けることにした。

 

 自分の身体の状態にあまり興味がない。身体に興味がないっていうのも変な話だ。謎の病を抱えている夫には、身体を交換してほしい、とよく言われるほど私は丈夫だ。大きな病気をしたこともなく、怪我もしたことがない。風邪をひいても、翌朝には治っている。子どものころは学校が嫌いだったから、具合悪くなると、すぐ治るのに休んでいた。今は仕事が好きだから休む理由もなく、体調不良で休むということがない。

 しかし、母方の親戚にガンで亡くなった人が多く、一昨年は母がガンになったこともあって、将来の自分の健康状態には若干の不安がある。さらに、会社がケチって省略版の健診しかしてくれないので、4〜5年血液検査をしてない。これは自分でも気になるところではあったので、重い腰をあげてみた。

 

 予約の電話をかけたところ、もう半年以上さきまで予約が埋まっているとのこと。世の中の人たちは自分の身体を大事にしてるんだなぁと感心した。しゃーない、半年以上先の予約を、と思ったら今月のキャンセルが入った日に入れてもらうことができた。わぁい!

 というわけで、いきなり今月末の健診を入れたので、特に何かを整えようというでもなく、抜き打ち状態で挑むことになった。現在の状態を知るには、抜き打ちの方が逆にいいのかもしれない。

 

 健診といえば、先日人間ドッグを受けた夫は毎日のように検診結果の数値とインターネットを見比べている。正常値をちょっと上回ったり下回ったりしているのを見て、もうすぐ糖尿病になってしまうかも、とか、肝臓がダメかもしんない、とかぶつぶつ言っている。傍から観ていると、神経質だなぁと思ってしまう。

 あれを食べちゃだめ、これを食べなきゃだめ、とかどこから情報を得てくるのか、生活に制限を掛け始める。食事を作る方にしてみれば少し面倒な話だが、本人が不安がっているのだから付き合ってやらねばなるまい。

 不健康に至る可能性がある道を断って、完璧な健康を目指すって大変だなぁと思う。私自身は色んなものを食べ、普通に生活していれば、いいことあるかも、ぐらいしか考えてない。完璧に健康であっても、結局死んでしまうのは同じこと。そんな風に思ってしまう私は、原始的なんだろうな。

 

広告を非表示にする